神戸元町に子ども向けプログラミング教室「あそぶ!天才プログラミングの学校」

イベント 神戸 商店街

記事提供元:神戸経済新聞

神戸・元町3丁目商店街にある元町カルチャービル(神戸市中央区元町通3)6階に2020年2月1日開校の子ども向けプログラミング教室「あそぶ!天才プログラミングの学校 神戸元町校」の無料体験説明会が12月26日に始まる。

最新のテクノロジーを活用したシステムやデジタルコンテンツの開発を行う「チームラボ」が開発したプログラミング学習教材を使った、21世紀型スキルを身に付けるSTEAMプログラミング教室。子どもたちが楽しく熱中しながら試行錯誤を繰り返す環境とともに、グループ学習を通じて、 問題解決力、創造力、人と協力して物事を進める協働力など、「次世代の『生きる力』を育むカリキュラム」を提供する。

神戸元町校の寺本夢校長は「課題を達成するために、と゛のようにプログラムを組み合わせたら良いか。と゛のように改善すれば、より意図した動きに近つ゛くのかなど、論理的に考えていく力をクラスの仲間と共に課題をクリアしていく過程で身に付けていく。カリキュラムには図形の描画やダンス、演劇なども組み込まれており、自分の描いた仮想空間上の分身である『ピープル』をプログラムで動かすなど多彩な内容で学べるようになっている」と話す。

無料体験説明会の対象年齢は小学1年生~3年生。1回約30分で完全予約制。年内は12月26日・27日(15時~16時、16時30分~17時30分)、28日(10時~11時、11時30分~12時30分、13時30分~14時30分、15時~16時、16時30分~17時30分)に行う。

寺本校長は「当校は、チームラボ提供の教材を使った関西では初開校となるプログラミング塾。講師は教員経験者も多く、作曲、インテリアデザイン、俳優、テーマパークダンサーなど、さまざまな得意分野の専門家が集まっている。2020年4月からは小学校でプログラミング教育が必修化されるが、将来やって来るであろうAIやロボットと共存する世界をワクワクドキドキ楽しみながら作り上げていく人材を育成していきたい」と意気込む。

無料体験説明会の情報は、ホームページで随時公開する。問い合わせ・申し込みはホームページの入力フォームで受け付ける。