知事メッセージ|兵庫県「感染拡大特別期」に突入

本日9時45分から行われた知事会見において、本県が「感染拡大特別期」に突入した旨、表明されました。

「感染拡大特別期」における新たな対策

昨日、県内で過去最多の132人の新規感染者が確認され、100人を超える日が3日間続いています。全国的にも過去最多を更新する都道府県が相次ぎ、これらのことを総合的に判断すると、「感染拡大特別期」に入ったと言わざるを得ません。
県民の皆様には、厳重な警戒をお願いします。

1 「感染拡大特別期」に突入

県民ヘの厳重警戒の呼びかけを強化
特に、飲食の場面に注意
〔参考〕「改めて、感染防止の徹底を」(11月18日付知事メッセージ)

2 宿泊療養施設の増強

現計画700室に加え、さらなる確保を推進

3 クラスター対策の強化

① 社会福祉施設等へのPCR検査の強化
職員、入所者等で発熱や呼吸器症状等を呈している方々や関係者に対して、幅広く迅速かつ積極的に検査を実施
② 従業員、利用者等に対し、ウイルスを持ち込ませないため、その行動や健康管理を改めて徹底


「感染拡大特別期」における新たな対策(1120)