経産省/新型コロナウイルス「遠隔健康相談事業」開始

経済産業省は3月11日、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の懸念等を含め、国民が抱える健康不安を遠隔で医師に無料で相談できる健康相談窓口を設置すると発表した。

無料の窓口設置期間は、3月11日(水)~3月31日(火)。MediplatとLINEヘルスケアが委託先に決定した。

医師による遠隔健康相談とは、医師と相談者の間で、PCやスマートフォンなどの情報通信機器を活用してコミュニケーションを行い、相談者個人の心身の状態に応じて必要な医学的助言を行う行為。相談者の個別的な状態を踏まえた診断や薬の処方は行わないが、健康不安などを医師に遠隔で相談することができる。

<Mediplatサービスの概要>

今回、MediplatとLINEヘルスケアの2社が相談窓口を設置する。Mediplatの提供する相談窓口である「first call外部リンク」は、Webサイト上でチャットによる相談ができる。

<LINEヘルスケアの概要>

LINEヘルスケアの提供する相談窓口である「LINEヘルスケア外部リンク」は、LINEが提供するコミュニケーションアプリ「LINE」上でチャットによる相談ができる。3月11日(水)~3月31日(火)の期間は無償で利用できる。

新型コロナウイルス感染症の特徴を踏まえて、感染の不安から適切な相談をせずに医療機関を受診することや感染しやすい環境に行くことを避けるよう、新型コロナウイルス感染症対策本部決定の「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」が発出されていることに対応するという。

遠隔健康相談事業を開始します!